専門医制度

総合診療専門医取得後のキャリアに関する2学会合同声明
病院総合診療専門医プログラム
専門医について
病院総合診療専門医について

総合診療のサブスペシャルティとして、2022年度4月よりついに病院総合診療専門医制度がスタートいたします。
日本専門医機構および、総合診療のもう一つのステークホルダーである日本プライマリ・ケア連合学会との協議を踏まえ、日本病院総合診療医学会の主導により病院総合診療における専門医のプログラムを立ち上げることになりました。

これまで新制度にむけた検討として、日本専門医機構との協議のもと研修カリキュラム、専門研修プログラム整備基準を調整してまいりました。本専門医制度は日本病院総合診療医学会主導としてスタートいたしますが、近い将来、サブスペシャリティとして日本専門医機構の認証を正式に受ける予定となっています。今後、全国の病院からのプログラム募集を取り付け、同時に2022年度からの専攻医募集を開始する運びとなります(詳細は下記ご覧ください)。

病院総合診療専門医は総合診療の訓練を背景に、より高いレベルで臨床、教育、研究、病院管理学の4軸を基本に総合診療を実践する病院の医師としての専門性を訓練します。病院総合診療の一医師というだけでなく、病院総合診療におけるミドルマネージャ、また将来的な病院総合診療部門のリーダー育成を見据えた新しいプログラムです。

新・家庭医療専門医と並ぶもう一つの総合診療の専門医の形、病院総合診療専門医を目指される先生方のご応募を心よりお待ちしています。

専攻医について
専攻医登録制について

病院総合診療専門医プログラムの専攻医は学会への登録制といたします。
登録期間:2022年10月1日~2022年12月20日

専攻医の登録要件について
  1. 19の基本領域の専門医(新制度)を定められた研修期間の年限以内に取得する見込みのある者
  2. 19の基本領域の専門医制度(新制度)を修了し、専門医を取得した者
  3. 旧制度下で18の基本領域(内科、小児科、皮膚科、精神科、外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、脳神経外科、放射線科、麻酔科、病理、臨床検査、救急科、形成外科、リハビリテーション科)または日本プライマリ・ケア連合学会の認定医あるいは専門医、もしくは当学会の日本病院総合診療医学会認定医を取得した者
専攻医登録の申請について

申請フォームよりご申請ください。*現在、受付期間外です。
*申請の際には以下、2点のアップロードが必要となりますので事前にご用意ください。

  • 履歴書(ダウンロードしてご利用ください)
  • 「専攻医登録要件」1〜3を証明する書類
    要件1:専攻医研修証明書(ダウンロードしてご利用ください)
    要件2.3:証書(写)

*申請にはGoogleフォームを利用します。
*Googleアカウントが必要となりますので、事前にご用意ください。

登録料:10,000円 *当学会認定医の場合は免除いたします。
指定の口座への振込みとなります。(申請者へメールにてお知らせいたします。)

病院総合診療専門医を取得するのに必要な費用は以下のとおりです。

  • 専攻医登録料:10,000円※1.2
  • 専門医試験申請・審査料:30,000円
  • 専門医認定料(試験合格者のみ):10,000円

専門医取得には学会入会と学会員として3年間の学会認定施設での研修が必要。
※1.専攻医登録は専門医試験の前年までに登録を完了すること。
※2.認定医はこれまでの病院総合診療の実績を考慮し、専攻医登録料を不要とする。

登録後のサポート

専攻医セミナーなど専攻医向けイベントへの参加(主に学術総会期間中に開催)など、登録専攻医のサポートを行って参ります。
病院総合診療専門医プログラム

研修施設について
研修施設申請

新規申請期間:2022年7月1日〜2022年8月31日

※ 特任指導医認定申請中も同時申請が可能です。 認定番号が届きましたら、追記後改めて指導医リストをご提出ください。

プログラムに関わる全ての施設(基幹施設のみでなく連携施設も含みます)ごとに個別に申請が必要です。
プログラム申請には、基幹施設(連携施設にも原則必要)に各1名以上の指導医(学会指導医・特任指導医)が必要です。
施設要件
基幹施設:プログラムを管理する病院で、指導医(学会指導医・特任指導医)が常勤として在籍していること、学会認定施設であること。
連携施設:基幹病院で実施できない研修を補完する病院で、原則として指導医(学会指導医・特任指導医)が常勤として在籍していること、学会認定施設であること。(不在の場合は基幹病院の指導医が定期訪問等で指導を行える状況にあること)
特別連携:病院以外の医療機関であり、専門研修施設認定は不要で、指導医(学会指導医・特任指導医)の有無は問わないが、基幹病院の指導医(学会指導医・特任指導医)が定期訪問等で指導を行える状況にあること。

  1. プログラム認定審査料:20,000円(申請受付後、改めてお知らせいたします。)
    学会施設認定登録料:50,000円 (審査合格後の登録時に必要となります。)
    *既存の認定施設が専門医プログラムを申請する際は学会施設認定登録料は不要です。
  2. 学会施設認定について
    ① 専門医プログラムは本学会認定施設での施行を原則といたします。基幹施設、連携施設ともに学会認定施設である必要があります。
    ② 現在は認定施設ではない施設が専門医プログラムを申請する場合※注1は、プログラム開始に伴う施設認定の審査申請が必要となります。
    ※注1:申請に必要な指導医が不在の場合は病院総合診療特任指導医の申請が必要です。
    *現在、学会認定施設であっても指導医(学会指導医・特任指導医)不在の場合はプログラム申請ができません。

 

専門医制度における認定施設

通常の学会認定施設と専門医制度の学会認定施設に区別はございません。学会認定医が不在の病院がプログラムを整備する際に、専門医制度における特任指導医が在籍していることを条件に施設認定を実施しております。特任指導医の認定期間は3年ですので、専門医制度での施設認定期間もそれに合わせて3年となります。それ以降は、特任指導医が認定医を取得していただくことで施設認定を更新できます。(基幹施設および連携施設につきましては、別途申請要件をご確認ください。)

 

電子申請はこちら

【必要書類】
以下の書類のアップロードが必要です。事前にご準備ください。郵送は不要です。

   ※注2:貴施設独自のプログラムや変更箇所は赤字で追記ください。

病院総合診療専門医プログラム

病院総合診療特任指導医について
病院総合診療特任指導医の設置について

本専門医制度の指導医体制の強化のため、一時的な暫定措置として、特任指導医を設定いたします。
現在、学会認定施設であっても指導医(学会指導医・特任指導医)不在の場合はプログラム申請ができませんのでご注意ください。

認定期間:認定から3年間
募集期間:2022年5月1日〜2022年6月15日
二次募集:2022年8月1日〜2022年8月31日

病院総合診療特任指導医の要件について

当学会の会員であり、かつ以下の1~3つのうちいずれか、および4をみたすもの:

  1. 日本専門医機構特任指導医講習会を受講した者(日本専門医機構認定特任指導医の修了証)
  2. 19基本領域の指導医のいずれかを保持している者
  3. 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医(家庭医療専門医またはプライマリ・ケア指導医のいずれの保持でもよい)を保持している者
  4. Peer reviewのある総合診療関連の雑誌の論文発表の筆頭著者または共同著者(総説・原著・症例報告・研究短報・症例短報のいずれか)1報以上。*商業誌の依頼原稿は不可。

    4.について:英文・和文を問わず、発行時の西暦で申請時より5年以内の出版物といたします。
    また、提出された論文が申請に該当するか否かは、申請後の判定となります。

病院総合診療特任指導医の申請書類について

申請フォームよりご申請ください。

*申請の際には以下、3点のアップロードが必要となりますので事前にご用意ください。

  • 履歴書(ダウンロードしてご利用ください)
  • 証書(写)(上記1〜3のうちいずれか)
  • 論文(全ページ)

*「回答を記録しました」との表示にて、申請完了となります。

*申請にはGoogleフォームを利用します。
*Googleアカウントが必要となりますので、事前にご用意ください。
申請料:10,000円 指定の口座へお振込ください。(後日、申請者へメールにてお知らせいたします。)

 

病院総合診療特任指導医について

・認定期間は3年間とする。

・更新時に病院総合診療特任指導医から学会指導医への移行を行う。

病院総合診療特任指導医から学会指導医への移行要件について
  1. 学会認定医であること。
  2. 本学会の指定する学術総会講演(指導医取得・更新の為の指定講演)を認定医として10コマ受講(認定医取得後の受講をカウントする)
  3. 本学会雑誌論文発表 *筆頭著者または共同著者(総説・原著・症例報告・研究短報・症例短報のいずれか)
  4. 3年以内にpeer reviewのある和文・英文誌に1stオーサーとして総合診療に関する英語論文発表
専門医試験について