質の高い病棟診療ワーキンググループ

質の高い病棟診療ワーキンググループでは、よりよい病棟診療(Hospital medicine)を提案し、普及することを目的として活動しております。主な活動は広報や教育、そして国内における病棟診療に関するエビデンスの創造です。

代表 長崎一哉(水戸協同病院)、鈴木智晴(浦添総合病院)
委員 原田拓(練馬光が丘病院)、宮上泰樹(順天堂大学)
鈴木森香(仙台医療センター)、本田優希(聖隷浜松病院)
理事 志水太郎(獨協医科大学)
アドバイザー 和足孝之(島根大学)
活動に興味やご質問のある方は、学会事務局までご連絡ください。
問い合わせ先 : info@hgm-japan.com