総合診療専⾨医取得後のキャリアに関する2学会合同声明

総合診療に関⼼を持つ、学⽣、初期研修医、そして総合診療専攻医・修了⽣の皆さん
 総合診療専⾨医制度がスタートし3年が経過し、この春には第⼀期の修了⽣が⽣まれました。まずはこの制度が船出し、無事修了⽣を送り出すことができたことは⼤きな⼀歩であり、専攻医・指導医および関係者の皆様の努⼒を讃えたいと思います。

総合診療専⾨医の今後と学会の役割について

 総合診療専⾨医が確かなキャリアを歩み、地域の医療ニーズに応えていくためには、基本領域研修修了後も⽣涯学習を継続すること、そして総合診療領域を基盤とする学術・研究活動の発展が重要です。その意味で、学会が果たすべき役割は⼤きく、専攻医の多くが所属する⽇本病院総合診療医学会、⽇本プライマリ・ケア連合学会の両学会が、他の団体と協⼒しつつその中⼼的役割を担う必要があります。
 両学会ではかねてより総合診療専⾨医取得後のサブスペシャルティの制度構築に努めてきましたが、この度、さらにこの動きを加速するべく、この領域に関⼼のある学⽣・若⼿医師の皆さんによりわかりやすく、より広く伝えることができるよう、両学会で協働することとなりました。
 その第⼀歩として、本⽂書を発するものです。総合診療の魅⼒や強みは、どの様な臨床現場でも通⽤する臨床の考え⽅、⾏動指針でもありますが、総合診療の基本を⾝につけた先⽣⽅には、病院、診療所、また在宅診療など環境により特化したトレーニングを提供することで、さらに現場に特化した質の⾼い技術を磨いて頂くことができると考えます。そこで、両学会は総合診療専⾨医のサブスペシャルティとして2つの道を次に提案致します。

サブスペシャルティ (学会認定)の研修について

 現在、総合診療専⾨医修了後のキャリアとして、両学会では学会認定のサブスペシャルティ専⾨医として病院総合診療専⾨医(⽇本病院総合診療医学会)、新・家庭医療専⾨医(⽇本プライマリ・ケア連合学会)を提案しています。
 病院総合診療専⾨医については、2022年4⽉の正式開始を⽬指し、今秋にはその内容を⽰せるよう準備をすすめているところです。本制度については⽶国のSHM (Society of Hospital Medicine)を参考にグローバルな視点を加えつつ、より⽇本に即した形で病院総合診療医として成⻑できるような研修を⽬指しています。
 新・家庭医療専⾨医については、2020年4⽉よりすでにその制度を開始しており、WONCA (World Organization of National Colleges, Academies and Academic Associationsof General Practitioners/Family Physicians)の認証も受けたグローバル⽔準の制度として現在407名が研修中です。
 両制度の詳細については下記のホームページに最新情報を掲載しておりますのでぜひご参照下さい。



今後について

 引き続き両学会が緊密に連携し、サブスペシャルティ領域の専⾨医制度の構築、発展のために協働し、総合診療医の皆さんの教育・研究活動を促進すべく継続して活動して参ります。総合診療は社会的ニーズが極めて⼤きく、これから発展していく分野であることに論を俟ちません。総合診療医として研修することで、患者さんの様々な健康問題に広範囲に対応できる⼒がつき、さらに特化した上級のトレーニングまで受けることでより柔軟な現場での対応⼒・マネジメント⼒が付きます。このようなトレーニングの段階を両学会は体系的に整備して参ります。総合診療はやりがいの⼤きな領域です。夢をもって⾶び込んできてください。お待ちしています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

⽇本病院総合診療医学会理事⻑ 林 純
⽇本プライマリ・ケア連合学会理事⻑ 草場 鉄周

総合診療専門医取得後のキャリアに関する2学会合同声明