トップページ > 日本病院総合診療医学会について
医学会について

日本病院総合診療医学会認定医制度規則
第1章 総則

第1条 日本病院総合診療医学会(以下本学会)は、病院における診療に必要な総合的知識あるいは専門的技量を有する優れた医師を認定し、社会への啓発や情報提供をもって横断的な総合診療の向上を図り国民の福祉に貢献することを目的に、本学会認定医制度を設ける。

第2条 前条の目的を達成するため学会認定資格制度審議委員会(以下審議会)を設け、認定医の資格認定ならびに認定医養成施設の認定審査業務を行う。審議会の中に次の委員会をおく。
1.認定医認定委員会
2.施設認定委員会

第3条 (認定医像)本学会認定医(認定総合診療医,General Hospitalist)は、病院における総合診療を系統的に理解し、その診療において適正な医療を実践できるとともに、先進的医療や特殊医療にも通じ、チーム医療ならびに病診・病病の連携診療を過不足なく遂行する能力を備える医師であることを要する。認定医に次のカテゴリーを設ける。
(1)日本病院総合診療医学会認定医(内科系General Hospitalist)
(2)日本病院総合診療医学会認定医(外科系General Hospitalist)
(3)日本病院総合診療医学会認定医(ER系General Hospitalist)

第2章 認定医の条件

第4条 認定医認定を申請する者は、次の条件をすべて満たすことを要する。
  1. 日本国の医師免許証を取得後5年以上経過し、医師としての人格及び見識を備えていること。
  2. 病院総合診療に関する3年以上の経験を有すること。
  3. 申請時において本学会の会員であること。
  4. 会員として本学会が主催する学術集会に1回以上の出席があること。
  5. 申請時において18の基本領域(内科、小児科、皮膚科、精神科、外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、脳神経外科、放射線科、麻酔科、病理、臨床検査、救急科、形成外科、リハビリテーション科)の認定医あるいは専門医、もしくは日本プライマリ・ケア連合学会認定医を取得し、内科系、外科系、ER系のいずれかに分類できること。

第3章 認定医の申請と認定方法

第5条 認定医を申請する者は、次の申請書類を審議会に提出する。
  1. 認定医認定申請書
  2. 履歴書@,履歴書A
  3. 理事又は評議員の推薦書
  4. 医師免許証 (写)
  5. 学会参加証明証 (ネームカード写)
  6. 内科認定医、外科専門医、放射線科専門医、小児科専門医、病理専門医などの主たる資格認定証(写)
  7. 診療実績証明証

※1、2、7に関しては、原本と写しの両方を必ずあわせてお送りください。


第6条 審議会は、年2回、申請書類によって審査を行う。

第7条 本学会理事長は、審議会において認定医として認定された者に対して理事会の議を経て認定医証を交付する。認定日は認定された年の4月1日とする。

第8条 認定期間は5年とする。

第4章 認定医の資格の喪失

第9条 認定医は次の理由により資格を喪失する。
  1. 認定医を辞退したとき。
  2. 認定医の更新を受けないとき。
  3. 会員としての資格を喪失したとき。
  4. その他、懲戒処分等の理由により学会活動を停止している期間中は認定医の資格を停止するものとする。

第10条 本学会理事長は次の理由により審議会、理事会の議を経て認定医の資格を取り消すことができる。
  1. 申請書類に虚偽が認められたとき。
  2. 認定医として不適切な行為が認められたとき。
  3. 認定医の資格の喪失

第5章 認定施設の条件

第11条 認定施設は次の条件をすべて満たすことを要する。
  1. 総合診療外来を有するか、総合診療を行う病床を有すること。
(但し、外来や病棟の名称は問わない。)
  2. 日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医が1名以上常勤し、診療していること。

第6章 認定施設の申請と認定方法

第12条 認定施設の登録申請を行う診療施設は、次の申請書類を審議会に提出する。
1. 認定施設認定申請書 様式1
2. 施設内容説明書 様式2
3. 認定医の勤務証明書 様式3
4. 病院概要書もしくはパンフレット

※全書式と病院概要書もしくはパンフレットは各2部(原本と写し)を必ずあわせてお送りください。


第13条 審議会は、年1回申請書類によって審査を行う。
第14条 認定日は申請年度の4月1日とする。
第15条 認定施設の登録内容に変更が生じた場合は、2週間以内に登録変更届を提出する。
ただし、様式4の内容に変更が生じた場合のみとする。
第16条 本学会理事長は、審議会において認定施設として認定された施設に対して理事会の議を経て認定施設証を交付する。
第17条 認定期間は5年とする。

第7章 認定施設の資格の喪失

第18条 認定施設は、次の理由によりその資格を喪失する。
  1. 認定医施設の条件に該当しなくなったとき。
  2. 認定医が勤務しなくなったとき。
  3. 正当な理由を付して認定施設の資格を辞退したとき。
  4. 認定施設の更新を受けないとき。

第19条 本学会理事長は次の理由により審議会、理事会の議を経て認定施設および関連施設の資格を取り消すことができる。
  1. 申請書類に虚偽が認められたとき。
  2. 認定施設として不適当と認められたとき。

第8章 本制度の運営

第20条 審議会担当理事(委員長)は、審議会を管掌し本制度の円滑な運営を図る。
第21条 審議会は、委員数の3分の2以上が出席しなければ、開くことができない。
第22条 本制度の運営に関する決定事項は、本学会機関紙ならびにホームページによって会員に会告する。

第9章 補則

第23条 本規則は、平成23年4月1日から施行する。
第24条 本規則施行についての細則は別に定める。
第25条 認定医更新に関する施行細則は別に定める

認定医認定・施設認定および更新に関する施行細則

総則
第1条 日本病院総合診療医学会認定医制度規則の施行に当たり、規則に定めた以外の事項については施行細則の規則に従うものとする。     

審議会
第2条 認定医審議会の委員数は4名とし、認定施設審議会の委員数は12名とする
第3条 認定医、認定施設審議会の委員長は理事長とする
第4条 審議会委員は理事又は評議員の中から理事会の決議にて選任する
第5条 審議会委員の任期は1年とする。

認定医更新
第6条 5年毎の更新とする
第7条 認定医更新を申請する者は次の事項の条件を満たさなければならない
  @ 本学会学術総会出席(1回につき10点とする)
  A 本学会学術総会発表
代表発表者 10点  共同発表者 5点
  B 本学会雑誌論文発表
学会雑誌(総説・原著・症例報告)筆頭著者 20点  共同著者 10点
学会雑誌(研究短報・症例短報)筆頭著者 10点  共同著者 5点
  C その他臨床系医学雑誌
筆頭著者 10点  共同著者 5点
  D 他、関連学会参加 3点(※関連学会とは臨床系学会を指す。)
  研修実績40点以上であり、@で20点以上あること、及びBの項目のうちいずれかを満たすこと。

第8条 認定医更新を申請する者は、申請期日までに次の申請書類を審議会に提出する
  1. 認定医更新申請書
  2. 研修実績証明証
  3. 研修実績を証明する資料
  4. 診療実績証明書

第9条 次の事由により、更新申請ができない場合はその理由、希望延期期間を記載した更新期間延期申請書を審議会に提出する
  1. 海外留学・海外勤務
  2. 病気療養
  3. 出産・育児
  4. 自然災害
  5. その他の理由

認定施設更新
第10条 5年毎の更新とする
第11条 認定施設更新を申請する者は、次の申請書類を審議会に提出する
  1. 認定施設更新申請書
  2. 施設概要書(パンフレット等)
  3. 認定医の勤務証明書

認定申請料・更新料
第12条 認定および更新費用
 

認定医
認定審査料(申請料)5,000円  
認定登録料5,000円
更新手数料 5,000円

施設認定に関する費用は無料


会員の皆様へトップへ戻る


日本病院総合診療医学会雑誌 投稿規程
1. 投稿資格
  本誌への投稿の筆頭著者 (First Author)は、日本病院総合診療医学会会員とする。

2. 読者対象
  読者対象は日本病院総合診療医学会会員で、臨床医師が大半であり、開業医師と病院・大学病院などの勤務医が約半数である。多くは内科医だが、全科の医師が含まれる。したがって、読者がご執筆の分野の専門家とは限らない。

3. 投稿原稿内容
  投稿内容は日本病院総合診療医学会会員の生涯教育に資する内容かつ未発表の原著、症例報告、総説、症例短報とする。

4. 投稿方法
  投稿原稿(図表含む)・誓約書・投稿時チェックシート・利益相反開示書をマイページにて投稿する。

5. 原稿要領
 
@ 用紙について
邦文はA4サイズの普通紙に横書き、30字×40行、12ポイントの用紙とする。
英文はA4サイズの普通紙にダブルスペースで記載する。(タイプ用紙)
A 原稿規定
  (1)
原著
    -科学的妥当性の高い方法で得られた新しい知見であること。
-「はじめに」「目的」「方法」「結果」「考察」「おわりに」等の項目に分けて記述すること。
邦文
・8000字以内(文献は除く)
・400字以内の要旨を添付のこと
・文献は20編まで
英文
・タイプ用紙15枚以内
・タイプ用紙1枚以内の要旨を添付のこと
  (2) 症例報告
    -興味深い重要な臨床症例の報告
-「要旨」「はじめに」「症例」「臨床経過」「考察」の項目に分けて記述すること。
邦文
・6000字以内(文献は除く)
・400字以内の要旨を添付のこと
・文献は20編まで
英文
・タイプ用紙8枚以内
・タイプ用紙1枚以内の要旨を添付のこと
  (3) 総説
    -医学的課題あるいは医療的課題についての総括的論述
邦文
・8000字以内(文献は除く)
・400字以内の要旨を添付のこと
・文献は20編まで
英文
・タイプ用紙15枚以内
・タイプ用紙1枚以内の要旨を添付のこと
  (4) 研究短報
    -Preliminaryな内容を含む研究論文など
邦文
・3000字以内(文献は除く)、図表2つまで
・400字以内の要旨を添付のこと
・文献は10編まで 英文
  ・タイプ用紙4枚以内
・タイプ用紙半枚以内の要旨を添付のこと
  (5) 症例短報
    -外来および入院の代表症例
邦文
・1000-1200字以内、図表1つ(必須)
・文献は5編まで
英文
・タイプ用紙3枚以内
  (6) LETTERS TO THE EDITOR
    -本誌に既載された論文に対する質疑や、会員の日常の診察・研究活動により得られた情報等、自由な意見
邦文
・1200字以内
・図・表はなし
・抄録,Key Wordsは不要

*いずれも原稿に誓約書を併せて提出すること。(必須)
     

6. 記載要領
 
@ 表紙記載事項
    ・表題
・著者名 ・コレスポンディングオーサー
・所属機関名
・キーワード
・ランニングタイトル
・連絡先(住所、電話番号、FAX、E-mail、校正及び別刷り請求の住所・責任者の氏名)
・論文種類(原著・症例報告・総説・症例短報・短報など)
・別刷希望部数
・ページ数および図表数
・図及び表についてカラー掲載希望の有無(有料)
  ・研究機関の倫理委員会の認証番号(認証ある場合のみ)

*キーワード:原著は5語以内,症例報告,短報,症例短報は3語以内,英語の小文字・単数形で記載する。
*ランニングタイトル:邦文は20字以内とする。
A 本文
  (1) 医学用語以外は常用漢字、新送り仮名、現代仮名遣いを用いた、「である」調の文章とする。
  (2) 本文中適宜見出しを付けること。
その際、大見出し(章)、中見出し(節)、小見出し(項)の区別を明確にすること。
【例】V.治療成績 (章)
1. 抗腫瘍効果について (節)
(1) 肝細胞癌に対して (項)
数字の番号付けも上記例を参考とする。
  (3) 医学用語は、原則として『日本医学会 医学用語辞典』(日本医学会医学用語管理委員会編、南山堂刊)に準ずる。
  (4) 外国の地名、人名、物質名、薬品名などの語句は、出来るだけ日本語(カタカナ)で表記すること。また必要に応じて原語を併記する。原語は小文字(固有名詞及びドイツ語の名詞の頭文字は大文字)で書き、細菌や動植物の学名などイタリック体で印刷されるべきものには赤のアンダーラインを引く。
  (5) 医薬品名は原則として一般名で書き、必要に応じて商品名にを付して( )内に書く。
  (6) 欧語は、英語を主体とする。
  (7) 略語は慣用されているもの以外は出来るだけ避ける。使用する場合は、初出にスペルアウト及び日本語訳を付けること。
【例】HLA (human leukocyte antigen; ヒト白血球抗原)
  (8) 特殊な専門用語は、脚注などの形で説明をつける。
  (9) 数字は算用数字(1,2,3)、数量はm, cm, mm, kg, g, mg, min, sec, ml, kcal, ℃などの単位を用いること。
  (10) 未承認の薬剤の投与や医療技術が含まれる内容の場合は、その点を本文に明記すること。
B 図及び表
 
(1) 図及び表は、視覚的な効果を念頭において作成すること。
(2) 転載あるいは改変した図表(他書から借りる場合は転載となる場合が多いので注意)は、原著者、出版社の許諾が必要です。同時に、その出典(文献名)を必ず明記して下さい。
(3) 図及び表は、別紙に1枚ずつ貼り付け、それぞれ掲載順に、図1、表1のように一連番号と表題を付ける。(図と写真の区別はしておりません。
(4) 模式図は、執筆者のオリジナルなものを、明確に描くこと。
(5) 図・表の中の欧語は出来るだけ避け、日本語にすること。
(6) 写真は印刷物などからの転用、コピーはしないこと。
(7) エックス線撮影、超音波検査などの画像写真の所見を示す場合、矢印と共に簡単なシェーマ、説明を可能な範囲で付けること。顕微鏡写真では必ず倍率を記入する。
(8) 本文中挿入すべき箇所を明記し、原稿の右欄外に付記すること。
 
C 文献
  (1) 引用文献は記載順に通し番号を付け、一括して本文の末尾に掲げ、本文中には、引用部の右肩に1)2)3)…の番号を付する。
  (2) 雑誌の略名は、原則として、邦文誌は医学中央雑誌刊行会『医学中央雑誌略名表』、欧文誌は “Index Medicus"に準ずる。
  (3) 著者名は3名まではそのまま記載し、4名以上は「他」または “et al" として省略する。
  (4) 記載項目ならびに順序
本文中の引用した箇所の右肩に片カッコ付きで番号を付して引用順に末尾に一括して記載する。
【雑誌の場合】
著者名:論文題名.雑誌名,発行年;巻:ページ(初-終).
【単行本の場合】
著者名:書名.(版数),発行所,発行所の所在地,発行年;引用ページ(初-終).
【シリーズなど】
執筆者名:執筆部分題名.編者名,シリーズ名,巻数,発行所,発行地,発行年;引用ページ(初-終).
   

【例】

1)澤山泰典、林純、矢野祐二、他. 化学療法剤とインターフェロンの併用
療法にてカポジ肉腫の著名な消退がみられた後天性免疫不全症候群(AIDS)の1
症例.感染症誌1996 ; 70 : 621-6.
2)長谷川 修:糖尿病性ニューロパチーの治療.岡本幸市、棚橋紀夫、水澤英洋・編.
EBM神経疾患の治療.中外医学社, 東京, 2007;p.384-7.
3)Hayashi J, Furusyo N, Ariyama I et al. A relationship between the evolution of
hepatitis C virus variants, liver damage, and hepatocellular carcinoma in
patients with hepatitis C viremia. J Infect Dis 2000; 181:1523-7.
4) Carpenter MB, Sutin J:Human Neuroanatomy. 8th ed, Williams & Wilkins,
London,1983;p.103-4.


7. 投稿原稿の審査
  @投稿された原稿は編集委員会によって慎重かつ厳正に審査される。その結果は、同委員会において更に審査し、採否が決定される。審査の結果、加筆、訂正等をお願いすることがありうる。
A審査の結果は、編集委員会より投稿責任者へ知らせる。

8. 投稿原稿の返却
  原則として返却しない。手元に控え用のコピーを取ること。

9. 著者校正
  著者校正は1回とする。返送期日厳守。再校以後は編集委員会において行う。

10. 著作権
  本誌に掲載された論文などの著作権は日本病院総合診療医学会に属する。
他誌等にその全部または一部を使用する場合は本学会の同意を必要とする。

11. 倫理規定
 

@本誌への投稿論文における研究については、ヘルシンキ宣言,実験動物の飼養及び保管等に関する基準(昭和55年3月総理府告示第6号)、その他各研究施設で定められた研究指針等を遵守したものでなければならない。また、研究機関の倫理委員会の承認を得ている場合には、その旨を論文に記載する

A症例を提示する際は、患者のプライバシーを守るよう十分配慮すること

12. 利益相反
 

投稿論文を本学会に投稿する際、論文内容に関して企業等との利害関係の有無を本文末に明示すること。
尚、利害関係の有無は著者全員について報告する事。利益相反の有無に関わらず、筆頭者が代表して別紙「利益相反開示書」に明記し、署名・押印し、投稿の際に一緒に提出する事。

【例】利益相反なし。

利益相反あり。  ※有無に関わらず別紙「利益相反開示書」提出


13. 掲載料
  掲載料は無料とする。
超過分については必要部数を著者校正時に明記する。超過分料金については別冊料金表を参考にすること。別冊料金については、後日編集委員会より請求書を送付する。

別冊料金表

1〜2頁
3〜4頁
5〜6頁
7〜8頁
9〜10頁
11〜12頁
10部
2,000
230
2,600
260
2,800
280
3,000
300
3,200
320
3,300
330
20部
4,600
210
5,000
250
5,400
270
5,800
290
6,200
310
6,400
320
30部
6,300
200
6,900
230
7,500
250
8,100
270
8,700
290
9,000
300
40部
7,200
180
8,000
200
8,800
220
9,600
240
10,400
260
10,800
270
50部
8,000
160
9,000
180
10,000
200
11,000
220
12,000
240
12,500
250
60部
9,000
150
10,200
170
11,400
190
12,600
210
13,800
230
14,400
240
70部
9,800
140
11,200
160
12,600
180
14,000
200
15,400
220
16,100
230
80部
10,400
130
12,000
150
13,600
170
15,200
190
16,800
210
17,600
220
100部
12,000
120
14,000
140
16,000
160
18,000
180
20,000
200
21,000
210
120部
13,200
110
15,600
130
18,000
150
20,400
170
22,800
190
24,000
200
150部
15,000
100
18,000
120
21,000
140
24,000
160
27,000
180
28,500
190


14. カラー印刷料
 

1ページにつき20,000円とする。(白黒印刷の場合は無料)
カラー印刷料については、後日編集委員会より請求書を送付する。



別冊超過分・カラー印刷料金振込先
【ゆうちょ銀行】
口 座 名 義:一般社団法人日本病院総合診療医学会
口 座 番 号:01730-9-54335 
支 店 名:福岡県庁内郵便局

【他行から振込みの場合】
口 座 番 号:0054335
預 金 種 目:当座
店名(店番):179

原稿送付先・問い合わせ先
〒813-8588 
福岡県福岡市東区青葉6丁目40-8
社会医療法人 原土井病院内

TEL 080-7985-8054 FAX 092-691-3889

Email info@hgm-japan.com


会員の皆様へトップへ戻る